2021年以前

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021 参加チーム

2021年10月17日

2021年

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021 開催日程

【1次ラウンド】2021年11月12日(金)~ 2021年11月14日(日)
【決勝ラウンド】2021年11月24日(水)~ 2021年11月28日(日)
 ※決勝ラウンドの試合日は11月24日(水)、26日(金)、28日(日)


来季JFLへの挑戦権を獲得するための大会、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021(以下地域CL2021)。

10月17日(日)に参加チーム(12チーム)が確定し、これに先立つ10月16日(土)には一次ラウンドの組み合わせが発表されています。

そこであらためて地域CL2021の参加資格と参加チームについて整理してみました。

地域CL2021 参加資格

大会の開催要項発表当初は9つの各地域リーグ代表に加え、第57回全国社会人サッカー選手権大会(以下全社)成績上位チームにも所属地域リーグでの成績次第で参加資格が与えられることになっていました。

しかしコロナ禍により全社が開催中止となったため、参加資格は次のように変更されています。

【1】9つの各地域サッカーリーグより各1チーム(合計9チーム)
(北海道・東北・北信越・関東・東海・関西・中国・四国・九州)

  • 原則各地域サッカーリーグの優勝または優勝相当チームに出場権が与えられる。出場できない場合は2位チームの参加が認められる。

【2】残り3チームは以下の順に選出

  1. Jリーグ百年構想クラブで地域サッカーリーグでの成績が2位であれば優先的に出場権を与える。複数チームある場合は百年構想クラブ認定順に決定。
  2. 9地域サッカーリーグの輪番順に2位チームを選出。
    2021年は東海→北海道→中国の順に決定。
  3. 以上で決まらない場合は全国社会人サッカー連盟の裁定により決定。

上記の参加資格を充たし、地域CL2021への出場が決定したチームを順に見て行きます。

【1】9つの各地域サッカーリーグ代表

9つの地域サッカーリーグからは下記9チームの出場が決定しました。

地域 地域CL2021出場チーム
北海道 北海道十勝スカイアース
東 北 コバルトーレ女川
北信越 福井ユナイテッドFC
関 東 クリアソン新宿
東 海 藤枝市役所
関 西 おこしやす京都AC
中 国 三菱自動車水島FC
四 国 FC徳島
九 州 沖縄SV

エントリー期限とされていた10月10日までに大会出場チームが未決定だった関東・東海・中国の各地域サッカーリーグについて最終決定までの経緯を詳細に見て行くことにします。

関東

関東サッカーリーグ1部順位表(上位のみ)【2021年10月10日現在】

順位 チーム名 勝ち点 得失点差 残試合数
Criacao Shinjuku(クリアソン新宿) 50 27
ブリオベッカ浦安 49 35
VONDS市原FC 45 25

VONDS市原が敗れ、クリアソン新宿が勝利したためクリアソン新宿の優勝が確定し、地域CL2021の出場権を手にしました。

VONDS市原は2位にも入れなかったため、百年構想枠での出場もできませんでした。

東海

東海社会人サッカーリーグ順位表(上位のみ)【2021年10月10日現在】

順位 チーム名 勝ち点 得失点差 残試合数
藤枝市役所 13
FC ISEーSHIMA 10 12
中京大学FC

藤枝市役所が勝利し1位が確定したため地域CL2021の出場権を獲得し、FC ISEーSHIMAは中京大学と引き分けたものの2位をキープし、輪番枠での出場が決定しました。

残試合数は10月10日までの残り試合数。

中国

中国サッカーリーグもコロナ禍により試合消化に影響が出ているため、リーグ戦の最終順位ではなく1巡目の対戦成績が1位のチームに地域CL2021出場権を与えることになっています。

※2021年10月11日 中国サッカーリーグの地域CL2021への出場チーム選出方法が変更されたことが発表されました。(公式サイトのリリースはこちら

1巡開催が期日までに終了しない可能性が出てきたため、選出方法を以下の通り決定。

① 10/17 時点での1巡消化試合数が多い上位4チーム(同数のチームが複数あれば全て含む)による勝率 。※勝率= 勝ち数 ÷ 試合数 。
② 勝率が同率の場合は勝ち点が多いチームが上位とする 。
③ 勝率 ・勝ち点が同じ場合は得失点差が多い方が上位とする 。
④ 勝率 ・勝ち点 ・得失点差が同じ場合は試合の得点数(総得点 ÷ 試合数)が多い方が上位 。
⑤ 勝率 ・勝ち点 ・得失点差・1試合の得点数が同じ場合は直接対決で勝利しているチームが上位。
⑥ 上記すべてが同じ場合は抽選

中国サッカーリーグ1巡目順位表【2021年10月17日現在】

順位 チーム名 試合数 勝利数 勝率 勝ち点 得失点差
三菱自動車水島FC .625 16 12
FCバイレン下関 .625 16
SRC広島 .500 14 4 
ベルガロッソ浜田 .375 10 ー1
環太平洋大FC .286
富士フイルムBIJ広島SC .571
NTN岡山 .333 ー3
YONAGO Genki SC .286 ー8
ENEOS水島 .286 ー7

10月17日開催試合の結果、三菱自動車水島FCFCバイレン下関が1巡目の消化試合数上位4チームに入り勝率・勝ち点が並びましたが三菱自動車水島が得失点差で上回り1位。地域CL2021への出場を決めました。

【2】残り3チーム

1.Jリーグ百年構想クラブ

現在、各地域リーグの最上位リーグに所属しているJリーグ百年構想クラブは次の3チーム

・栃木シティFC   (2014年5月認定)

・VONDS市原FC (2019年12月認定)

・クリアソン新宿   (2021年2月認定)

この3チームは先ほど紹介したように関東サッカーリーグ1部に所属しています。

仮にリーグ優勝できなくても2位になればJリーグ百年構想クラブ枠で地域CL2021に出場することができましたが、栃木シティVONDS市原も関東サッカーリーグで2位になれなかったので、地域CL2021において百年構想枠で出場するチームはなくなりました

2.9地域サッカーリーグの輪番順に2位チームを選出

2021年の輪番の割り当ては東海→北海道→中国の順番になっています。

先ほど述べた1.Jリーグ百年構想クラブ枠に関東サッカーリーグ2位の1チームが入った場合、地域CL2021に出場する残り2チーム東海社会人サッカーリーグ2位チーム北海道サッカーリーグ2位チームになります。

また関東サッカーリーグの2位がブリオベッカ浦安でしたのでJリーグ百年構想クラブ枠での出場チームが「0」ということですから、中国サッカーリーグ2位チームにも地域CL2021の出場資格が与えられます。

東海社会人サッカーリーグの2位・FC ISEーSHIMAは輪番枠での出場が確定しました。

また北海道サッカーリーグ2位チームノルブリッツ北海道FCでしたがJFL入会の意思がなく輪番枠での出場を辞退したため、中国サッカーリーグの次の輪番に当たる北信越サッカーリーグ2位・アルティスタ浅間が地域CL2021に出場することになりました。

中国サッカーリーグ1巡目対戦で2位となったFCバイレン下関は地域CL2021に輪番枠での出場が決定しました。

参加チーム最終確定・組み合わせ

10月17日の中国リーグの試合結果を受け、地域CL2021の一次リーグ組み合わせが次のように確定しています。

地域CL2021組み合わせ

2021年11月12日(金)~ 14日(日)の3日間で各グループ内の総当たりで3試合対戦し、グループ内成績1位の3チームと各グループ2位の中で最も成績の良かった1チームの計4チームが決勝ラウンドに進みます。

決勝ラウンドは2021年11月24日(水)~ 28日(日)に開催され、4チーム総当たりの対戦で成績上位の2チームJFL入会のチャンスが与えられます。

例年ですと決勝ラウンドの成績上位2チームはそのままJFL入会が認められるという流れでしたが、2021年はこの先にJFL下位チームとの入れ替え戦を勝ち抜かなければなりません。

入れ替え戦の詳細についてはこちらをご覧ください。

JFL昇格・降格イメージ
参考【2021】JFL・地域サッカーリーグ入れ替え方式

続きを見る

-2021年以前